バス釣り初心者 fishman-takasan-blog’s 

バスフィッシング初心者が上達するためのブログ

バス釣り初心者が知らないこと バイブレーションの有効な使い方 晩秋~冬

バス釣り 晩秋から冬にかけて

有効なルアー

バイブレーションの有効な使い方

f:id:fishman-takasan-blog:20201121162051j:plain

 


バイブレーション種類

 

①樹脂製(プラスチック

  ・ソリッド(中が詰まっている))
  ・中空

   ABS樹脂製は衝撃に強く、直射日光で劣化する


②メタルバイブ(鉄板)
 
  飛距離がすごく出る
  強い波動がでてブルブルが手元に伝わる
  フォール速度も速い

 

【いいところ】

・比重が重い
・飛距離が出せるので広範囲に探れてスピーディーに探れる
・波動も大きい。ハイピッチアクションでアピール力が高い
 ・キラキラのフラッシングで集魚力も高い


 【悪い所】

 ・根掛かりしやすい
 ・強波動なので魚がスレやすい
 ・バレやすい

 

【シチュエーション】

 ・広いエリア、初場所
 ・ブレイク絡み

  シャローにベイトが溜まっている下のブレイクに
  いることが多い


 ・ピンポイントの釣りにも有効

  流れ込みの下が深くなっている所
  橋脚の根本(流れの裏側)で流れのヨレがあるところ

  ぴったりついている魚は目の前にルアーが来ないと
  釣れない

  流れがあってもストンと落ちるルアーがあると
  中層で浮いている魚も追いかけて食ってくる

 


【アクション】

 ・ボトムリフト&フォール

  フォール中にラインテンションを張ったままカーブフォール
  フォール中にラインテンションを抜く。
  ボトムバンピング。地形変化を感じやすいい。


 ・中層のリフト&フォール


 ・早巻
  ロッドワークで効かないときは早巻を試してほしい


 ・あえてブルブルさせない(スーッと泳がせる)
  ※ルアーは若干蛇行している

 


【最後に】

 広範囲に輪切りにしながら投げていき
 ボトム、中層、表層などレンジをコントロールできる釣りなので
 サーチベイトとして有効なルアーとなる。

 魚が溜まっているところがわかったらリフト&フォールで
 アクションさせるポイントを絞っていけば、より効率よく
 魚を釣ることができるでしょう。

 

[rakuten:fishing-you:10104290:detail]