バス釣り初心者 fishman-takasan-blog’s 

バスフィッシング初心者が上達するためのブログ

この夏バスを釣りたいアングラーへ!金森隆志のマル秘テクニック

RAID JAPAN 金森隆志さん直伝!夏のバス釣りマル秘テクニックを要約して紹介。

 


狙うは濃いシェード

 

まず、自分がこう攻めたいなぁと思っているところが、1日の中でどの時間帯でシェードが一番濃くなるかってのを知っておくのは大事。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210822110952j:plain

 

夏こそ日中

 

より濃いシェードが生まれる場所にその時間帯に入って喰わせる。


流木や浮いてるゴミに引っかけてあげる。


今回ここで紹介しているのは軽吊るし

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210822111629j:plain

 

『軽吊るし』とは一体どういった釣りなのか?


基本的には名のごとく、何かに引っかけて吊るしてシェイクする釣り方「ライトウエイトバージョン」です。

 

夏に近づけば近づくほど、どんどんバスは水通しの良いところ。

より水温の低いところ、涼しいところに集まります。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210822111459j:plain


 

 

基本的には、日中のシェードに的を絞った釣り方です。

 

ライトリグの良いアプローチはみんな入れていっている。

そこで賢くアップデートされたバスをどう喰わせるか?

 

金森隆志さんが、もう2年ぐらいやってきた釣りで、確実な手応えがあった釣り方を紹介します。

 


一番伝えたいこと 

シェード撃つ釣り

 

シェード水面に近ければ近いほど濃いです。

ということは、バスはより涼しい所、より日陰なところに浮きたいとなる。

水面付近が大事になってくる。

f:id:fishman-takasan-blog:20210822111830j:plain


 

そこに対して虫っていうアプローチでも悪くないんだけど、水面だからギリギリ喰わないってバスもいる。

 

そこでライトウェイトでフワッと沈めてやる

吊るしてやり、糸を見させない。

このアプローチがめちゃめちゃ効くんです

 

  

 

どこからどこまでが『軽吊るし』なのか?

ウェイトは軽ければ軽いに越したことありません。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210822112005p:plain

  1. 基本は一番軽い1.5g
  2. 一番バランスが良いところは2g
  3. ふわっと感を出せる限界は2.5g

 

落とせるんであればベストは、より軽い1.5g。

2gは、飛距離もそこそこだせつつ操作感もありつつ、フィネス感も出る。

オールシーズンおかっぱりなんかでもカバーがライトになればなるほど、軽くしていってあげた方が、そりゃ喰うよっていうところ。

 

この3つのウェイトを持っておけば、ある程度いろんなシチュエーションできっちり釣ることができる。

 

 

 

アプローチ方法

基本的な軽吊るしのアプローチっていうところを誤解しないで見てほしい。

f:id:fishman-takasan-blog:20210822112040j:plain



1.まず何かひっかけれるものを見つける。

草でも浮いてる枝でもなんでもオーバーハングとか枝に絡めたい時なんかも、特にそうなんだけど、いきなり水面に落とさない。

 

2.水面付近で飛んでいる虫。まずは『ちょうちん釣り』から入る。

普通の吊るしと決定的に違うのは、飛んでいる虫「ちょうちん釣り」から入れる所。

これがウエイトが重いとピンピン跳ねちゃって、飛んでる虫っぽさが出ない

 

3.その後、水面に「チョンチョン」と少し付けてあげる。
水面で波紋を出すようにシェイクする。

 

4.それでも喰わなければ、初めて水中に入れてシェイクする。

ゆっくりゆっくり落としていってあげる、ここが大事!

 


通常の3.5g、4.5gは、思ってるよりスッと落ちやすい。

寒い季節とかそれでも全然いいんだけど、暑くなってきたときは、水面につけない軽さを活かしたアプローチが大事。

 

チップが溜まっているようなところでは、貫通できる一番軽いウエイトを使う。

一番シェードが効いてて、一番バスも見破りにくくて、シェードの濃い場所。

 

 

 

デメリット

バスから非常に発見されづらい。

気になる場所を、マメにモグラ叩きのように、繰り返し撃って釣っていく。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210822112144j:plain

 

タックル

通常の吊るしは、スピニングのヘビークラスであったり 、MHクラス

専門的なタックルが必要になってくるイメージ

 

軽吊るしのいいところは、手持ちで持ってるスピニングでやれちゃうっていうところ

 

金森さんは、プロトの65 m +っていうタックルを使用

タックル:65M+(プロト)
リール:2500番台スピニング
ライン:PE1号+リーダー10ポンド
ルアー:エグダマ タイプレベル 1.5g + 1WAY

 

 

 

RAID JAPAN 既存のタックルで言うと
グラディエーターアンチ 63L Defender

 

 

 

最後に

朝夕の時間帯はシェードが薄く、バスが散っていやすいのでもっと効率的な釣り方があります。ぜひ、日中(16時くらいまで)のシェードが濃い所を狙ってみてください。

五三川おすすめパワーフィネスの釣り

中部バス釣りメジャーフィールド

岐阜県 養老エリア 五三川

 

バス釣りのロケで使われることが多く、平日でも数多くのアングラーで賑わっている。

 

地形変化、沈みものやカバーが多く、攻めがいのあるフィールドとなっているが、比較的狙いやすいスポットは散々たたかれていることもあり、かなりスレている印象なので釣るのが難しくなってきている。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210628103051j:plain

 

 

五三川でおすすめのパワーフィネスの釣りを紹介。

 

 

パワーフィネスとは?

 

使うルアー

  • スモラバやネコリグ  大体3.5g~5g程度

ロッド

  • パワー表記 M~Hなどのスピニングとしてはヘビーなロッド

リール

  • 2500番~3000番のハイギヤ

ライン

  • PE1.5号~2号 ルアー直結

 

カバーにルアーを投げ入れて、掛けたらパワーで引きずり出す!

 

 

なぜパワーフィネスなのか?

 

ベイトフィネスではいけないのか?

 

ベイトリールの性能が向上して、軽いルアーでも投げられるようになってきたが、スピニングの強いタックルでやるメリットが確実に存在している。

 

ベイトタックルは、近距離に打ち込んでいくときにキャスト性能が高く有効だが、すごい濃いカバーやオーバーハングの奥にスキッピングなどで入れたいときに、バックラッシュのリスクが高くなってしまう。(カバーの奥など見えないところで木の枝に当たってルアーが急に止まってしまう時など)

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210628103628j:plain

 

スピニングタックルであれば、バックラッシュの心配はなく、カバーの奥の奥まで投げ入れることが容易になってくるし、ベイトに比べて軽いルアーを遠くにキャストしやすくなる。

 

また、ベイトフィネスでは軽いルアーを投げるために柔らかめのロッドを使わないといけないので、カバーから引き出すためのパワーが足りないということになる。

 

  

 

パワーフィネスでやる吊るしのテクニック

 

最大のメリットは、ラインが水中に入らないので、ルアーが見切られにくい点である。

 

キャストする際にラインをカバー(枝など)にひっかけて、シェイクしてもルアーが手前に動いてこない状態とする

 

そこで一点シェイク。水面をチョウチンでシェイクして誘い、上から順にルアーを沈めながら徐々にレンジを下げていき、ボトムに着いたら少しシェイクして反応がなければ回収する。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210628105520j:plain


 

 

やってはいけないのが、ルアーを沈めるときにベールを返して一気にルアーを落とす行為。誘っているルアーが急激に落ちてしまうので、魚が警戒してしまうためである。

 

レンジを下げるときは、リールを巻く側の手でリールと最終ガイドの間のラインを横に50cm程度引っ張り出し、指先でラインをひっかけた状態で当たり(違和感)がないか感じながら、引っ張り出したラインを徐々に送り出してやる感じでレンジを下げていく。

 

あまり引き出し過ぎてアクションしていると、合わせた時にその引き出した分のラインがたるんでいることと同じになるので、フッキングパワーが伝わらず、魚を一気に引きずり出すストロークも確保できないためである。

 

 

なぜリーダーを付けないのか?

クリアウォーターであったりライトカバーであればいいが、濃いカバーであればラインの存在感を消すことができ、ライン強度的な面で圧倒的にアドバンテージがあるためである。ただし硬いコンクリートや岩の擦れには弱いので、そういった場所であれば、リーダー12ポンドなどを組んでもいい。基本的に木などカバーであれば、直結で問題ない。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210628110200j:plain

 

デメリット

手返しが悪く、広範囲のサーチ能力が欠けてお効率の悪い釣り方となる。

一点シェイクを長い時間やることになるので、ここに魚がいるだろうとわかってからやることをおすすめする。

 

 

おすすめロッド

上級者向け

 

チューブラーティップなのでソリッドティップに比べ、カバー越しのルアーにアクションが伝わりやすいのが特徴。また、張りのあるティップなので、魚がルアーを食い込んだ時に反転するスキを与えず速攻でカバーから引きずり出すことが可能となる。

キャストが簡単ではないが使いこなせば最強の剣と成り得るアイテム。680JMHSにプラス4インチし、モンスターバスを警戒させない遠投性と、高所からの吊るしでもミスらないフッキングストロークを確保。しかも1パワーアップさせたブランクをさらにファストテーパーとすることで、バイトの瞬間からフルパワーでフッキングが可能。

 

中級者向け

f:id:fishman-takasan-blog:20210628111806j:plain

  • レイドジャパン グラディエータアンチ GA-70HS-ST パワーノーズ

7フィートのヘビーパワーでヘビーソリッドティップ採用、竿先が曲がってくれるので軽いルアーも投げやすい。また、魚が食い込んだ時に違和感を与えづらく、ルアーを吐き出すことが少なくなる。

 

エグ弾等を使用したパワーフィネスに完全対応!

強靭なバットと極めて繊細なティップを持った怪物ブランク!

 

  •  ジャッカル リボルテージRV-S68MH+

ベイトフィネスでは攻めきれないヘビーカバー、ヘビータックルでは口を使わせられないカバーに潜むビッグバスを攻略する為のパワーフィネスロッド。軽量リグを緻密に操るティップに、カバーから引きずり出す強靭なバット。この相反する要素をGP-BOOSTER構造を採用し高バランスで融合。3.5g前後のスモラバやネコリグを中心に、攻めのフィネスを実現するRevoltageの自信作

 

初心者向け

  • Dスタイル ブルートレック DBTS-68H-S-PF

プレッシャーがかかったフィールドではカバー奥のバスは簡単には口を使いません。

軽量ルアーの扱いやすさと食わせと強さを実現する為に搭載したHパワーのソリッドティップでナーバスなバスを食わせ、ナノマテリアル配合のBLUE TREKブランクスの特徴である強靭なバットでカバーから引きはがします。

キャストの振り抜けやすさを考えて6’8″のレングスにガイドもPE対応セッティング。

ガード付きのスモラバやカバーネコ、高比重系ワームのノーシンカーなどにアドバンテージを与えてくれます。

 

おすすめルアー

水平姿勢で浮いてくれるので、細かなシェイクできれいにアクションすることができる

トレーラー

  • エグバグ

 

フットボールヘッドタイプではなく、シャープノーズ形状のスモラバにイモグラブをトレーラーにしてルアーシルエットを丸く(球体)することで、垂直姿勢でぶら下がっていても違和感なく、しっかりルアーを動かして誘うことも有効。カバー抜けがとてもよくなる。

 

 

 

[rakuten:naturum:17243040:detail]

 

 

最後に

パワーフィネスをやる上での注意点

  1. ドラグはめいっぱい締め込んでください。魚を掛けた時に素早くカバーから出してやらないと枝などに絡んでしまい取り出すのが困難となってしまいます。タックルパワーに任せて強引なファイトを心がけましょう。
  2. PE1.5号でも根掛かりでラインを切るときに手で引っ張っても切れない。手を怪我する恐れがあるので、ラインブレーカーを準備して根掛かり時に対応していただきたい。絶対に手元でラインを切ることのないように!
  3. フッキング時は、ラインを持ったままやらないように!同様に手を怪我する恐れがあるので、当たったらラインを手から離してフッキングするようにしてください。

[rakuten:bluepeter:10069323:detail]

 

 タフってしまったフィールドでも年中有効な釣り、パワーフィネス。やったことのない人は是非参考にしてみてください。きっと今まで釣れなかった魚たちと出会えることになるでしょう! 

6月のバス釣り、おすすめのルアー

全国いろんな釣り場において、ひとつの釣り方全てのフィールドで正解となる訳ではなく、その時その場所で釣れている釣り方だということを頭に入れて、あなたのフィールドでそれが当てはまるのかを考えながら、これから紹介する6月のバスの釣り方の参考にしてください。

 

 

野池

 

6月のバスの釣り方とは? 

 

極端なことを言うと、一つのフィールドでもその状況は毎日違ってきます

6月はフリーリグがよく釣れると言われていたとしても、なぜ釣れるのかが分からなければ意味がないので、そこら辺を理解した上で、フリーリグの出しどころをつかんでほしいと思います。

 

6月の魚の状態

 

6月はスポーニングが終わっている魚(アフタースポーン)が多いが、全ての個体が終っているわけではないです。

多くのスポーニング終わっている魚に照準を絞って、狙っていく方が効率がいいということになります。

 

魚の状態を知ることで、フリーリグが効いたり、虫系が効いたりすることがわかってくると思います。

 

6月の魚の居場所

 

野池

 

スポーニングが終った多くの魚は、スポーニングエリアにまだ残っている。今後、この魚たちは散らばっていきます。

 

産卵したメスは先にスポーニングエリアから去り、オスは卵や稚魚を守るため、その場に残る。全てのオスがそのような行動を取るわけではなく、その場から居なくなる魚も中にはいます。

 

守る行動を取っている魚は、他の外敵から稚魚を守るため、近くに来た外敵を攻撃します。 賛否ありますが、そういったオスを釣る釣り方もあります。

 

メスや守る行動を取らなかったオスは、スポーニングエリアから離れてエサを捕食しにいきます。

 

そういったいろいろな状態の魚がいるのが6月であると言えます。

 

6月のバスのエサ

 

手長エビ

 

スポーニングを終えたメスは回復のためエサを捕食しに行くわけだが、どういったエサを食べているのか?そこが6月のバスを釣る上で重要となってきます。

 

これから回復しようとする魚は、動きが鈍く速い動きのルアーに反応できないが、オスや回復した魚は早い動きにも対応できます。

 

なので、6月はいろいろなルアーを使って、バスの状態に合わせて釣っていくこととなります。ハマればたくさん釣ることができるし、全くハマらなければ全然釣れないこともあります。

 

  • がいるフィールドでは沖で鮎を追いかけていたり
  • ブルーギルが産卵しているところを狙っていたり
  • 手長エビザリガニなの甲殻類を狙っていたり

 

狙っているエサの種類によっても釣りの難易度が変わってきます

 

エサの種類、狙い方

 

鮎がいるフィールド

 

鮎

 

クリアウォーターでバスの目もよく、難易度が非常に高いです。

難しいが故に、大物が狙えるということです。

 

6月に釣りやすいのは、産卵後の動きがスローで、スポーニングエリアからまだ離れていない魚。場所を絞り込みやすく、ルアーも選びやすいのです。

 

鮎狙いの大物やスポーニングエリア周辺のスローな魚を、状況に応じて狙い分けていくと効率のいい釣りが展開できることでしょう。

 

 おすすめしたい狙い方

 

シャローフラット

 

スポーニングエリアは、シャローとなるので、岸からキャストできる範囲で何か隠れる物があれば、そこが狙い目となります。

 

エサとなるものはブルーギルや小さなベイトフィッシュ、エビ。なんでもいいです。

そのエサをパクっと食べる魚に有効なのがフリーリグとなります。

テーマは落ちる(フリーになる)

 

フリーリグがなぜいいかというと、同じフリーになるキャロライナリグに比べ、キャストが正確で、バスの目の前に落とせる点です。

 

キャロライナリグは、シンカーとワームが離れているので、シンカーが障害物に当たったときにワームはまだ先にあります。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210517141417p:plain

 

自然界では障害物に逃げ込む動きこそ、バスがそこにエサを追い詰めて捕食する行動となるためです。

 

フリーリグは、シンカーが障害物に当たってからラインを引くことで、その障害物にワームを寄せることができます。

 

※キャロライナリグも同様に、シンカーが障害物に当たってからリーダー分ワームを引き寄せる感覚をつかんでおけば、同様の動きを演出することができますが、初心者には難しいアクションとなります。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210517141640p:plain

 

フリーで落ちてくるエサに圧倒的に有利なのが、ノーシンカー状態で落とすことができるフリーリグです。

シンカーがあることで障害物を感知しやすく、フリーにゆっくり落とすことができることが、フリーリグのメリットとなります。

 

まとめ

  1. 6月はアフタースポーンで体力を回復させるため、スポーニングエリア周辺でフワーっと落ちてきたエサを待っている。体力のない魚でも捕食しやすいので、フワッとしたアクションが最も釣れやすい釣り方であるということ。
  2.  稚魚を守っている魚(オス)を狙う時は、早い動きに反応がいい。バスはガードマンとなっているので攻撃的になっている。
  3. 回復しようとしている魚は、虫系やi字系でゆっくりした動きで釣れやすい時期。(見えるタイプのバス)
  4. 虫系やi字系は、魚が上を向いているときに有効な釣り方ので、木のない皿池のようなところで、虫系を入れても効果は低い。
  5. ブルーギルの産卵場所を狙いに来ている大型の魚も狙いやすい。

 ◎そのフィールドのエサを知らないと、大型魚を釣ることはできないということです。

 

参考になりましたでしょうか?自分の行くフィールドの状況に合わせて、今回紹介した6月の釣り方を参考にしてみてください。

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

琵琶湖5月おすすめルアー(50up実績ルアー厳選!)

バス釣りのメッカ、琵琶湖

数多くのアングラーがビッグバスを求めて、遠征していることでしょう。

f:id:fishman-takasan-blog:20210418210754j:image

 

琵琶湖で釣っている人は、どんなルアーで大物をしとめているのか?

 

釣果情報を調べてみると、depsというメーカーのルアーで50upが多く釣られていることがわかります。

f:id:fishman-takasan-blog:20210418210629j:image

5月に50upの釣果があがっているルアーを厳選して紹介。

琵琶湖に行くときに、持っていくルアーに迷ったらぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

【deps】

代表者:奥村和正

設立日:1996年4月

ビッグバスをターゲットに独自のコンセプトで開発された様々な高性能ルアーをリリースし続けている。ストイックにデカバスを追い続けている奥村和正氏による理論とタックルは多くのアングラーに圧倒的な支持を集めている。

 

  • ブルシューター
  • サイレントキラー
  • バズジェットJr
  • バルビューター
  • カバースキャット
  • ブルフラット 
  • サカマタシャッド
  • デスアダー

 

 

 

デプス(deps) ノイジー バズジェットJr. 14g 72mm フラッシュギル #03

デプス(deps) ノイジー バズジェットJr. 14g 72mm フラッシュギル #03

  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

 

 

 

  

デプス(deps) ワーム デスアダー 6インチ ブラックブルーフレーク #07
 

 

 

 【その他人気メーカー】

ゲーリーヤマモト

  • ハートテール
  • ヤマセンコー
  • カットテール

 

    

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー ヤマセンコー 5インチ J9-10-324
 

  

 

 

 

 

 OSP

  • ベントミノ
  • ドライブビーバー
  • ドライブスティック

 

 

ジャッカル

 

  

 

  

ZAPPU(ザップ) ブレディー #3 1.8g ウィロー.
 

 

 

 

 その他

 

 

  

  

 

 

 最後に

バス釣り上達の近道は、釣れている人のマネをすること。。。

釣れるようになったら、なぜ釣れたかをしっかり考えて、知識をアップデートしていってください。

ビッグバスを夢見てたくさん釣りに出かけましょう!!

 

 

大江川4月5月おすすめルアー(釣果実績有り厳選)

バス釣り中部メジャーリバー

激スレ、難易度MAXハイプレッシャーフィールド大江川


f:id:fishman-takasan-blog:20210404203257j:image

 

 

大江川とは?

超メジャーフィールドの五三川に隣接している河川で、周辺にも実績の高い野池(ヨット池、牛池、前川池)が密集していることから、人気のスポットとなっています。

 

 

バスプロでも苦手意識を持っている人がいますが、ロクマルのビックバスが釣れている実績のあるフィールドなので、大物狙いでチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

 


 

 

4月、水温が15℃程度に上がってくるとスポーニングシーズンとなり、本流下流エリアから、西大江、東大江と上流に進行していきます。

 

 

バスはシャローのハードボトムで産卵を行います。

早春は三寒四温でディープとシャローを行き来していますが

4月になって暖かくなると、ディープ隣接のシャローへと産卵を意識して移動してきます。そこが一級ポイントとなるわけです。

 


f:id:fishman-takasan-blog:20210404203936j:image

 

バスは産卵を控えて体力をつけるため、エサをいっぱい捕食します。

とはいえ、ディープから上がってきたばかりの魚は、早い動きについていけないことがあります。

 

 

なので、定番となるルアーは止めの効くジャークベイトシャッドです。

 

 

 

スポーニングシーズンでナーバスになった魚は強い波動を嫌うことがあるので、そういったときはシャッドテールワームスイムベイトをゆっくり引いてやるのもおすすめ。

 

 

ポイントがわからず手早く広く探りたいときは、クランクベイトスピナーベイトも有効でしょう。

 


f:id:fishman-takasan-blog:20210404203957j:image

 

大江川の注意ポイントとして、田んぼの代掻き、雨による濁りが発生しやすい。

濁りの激しい所は食いが渋いので、そういったポイントは避けて狙いたいところです。

 

 

ベイトは? 

4月になると、ボラの稚魚(イナッコ)、ハス、サヨリ、子ブナ、甲殻類など様々なベイトフィッシュが活動します。

広いフィールドですのでベイトの群れを探して ランガンしてもいいでしょう。

 

釣れるカラーは?

ベイトフィッシュを意識して、シルバー系のキラキラしたものや、濁りの多いときはチャートカラー。

手長エビやスジエビを好んで捕食しているので、エビに似たスモーク系カラーもおすすめ

 

 


 

4月5月のおすすめルアー

過去の釣果を調べ、おすすめルアーを厳選しました。

 

トップ系

 

 

 

ダッジ DG018 ジュエルワカサギ
 

 

 

スピナーベイト

 

 

 

 

チャターベイト

 

 

 

 

 トレーラー

 

 

 

クランクベイト

 

DUO レアリス クランク ミッドローラー 野ギル ADA3058 40mm

DUO レアリス クランク ミッドローラー 野ギル ADA3058 40mm

  • 発売日: 2020/04/20
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

 

スイムベイト

 

 

シャッドテールワーム

 

 

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Shad 4.5インチ W015 ブルーギル

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Shad 4.5インチ W015 ブルーギル

  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

 

ジャークベイト

 

 

シャッド

 

 

 

 

DUO(デュオ) ルアー レアリス ロザンテシャッド57MR イナッコ CCC3237
 

 

 

 

ギル系

 

 

 

  

 

 

ホッグ系

  

  

 

 

 その他

ネコリグ

 

 

巻きが違うなってときはカバーへスモラバ

 

ダウンショット

 

 

 

ノーシンカー

 

ジグヘッド

 

デュオ レアリス 忍虫 エビミソ

デュオ レアリス 忍虫 エビミソ

  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

最後に

たくさんのおすすめルアーを紹介しましたが、魚の状態、季節の変化を考え、適切なルアー選択をして釣果に結び付けてください。

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

五三川3月4月おすすめルアー(釣果実績有りルアー厳選)

ブラックバスの釣りにおいて、ルアー選び・ルアーローテーションが重要であり、『その時、その状況、その環境』で何が最適なルアーかを見つけ出すことが、ルアーフィッシングの楽しさのひとつであると考えます。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210328083623j:plain

 

ルアーを選択するうえで、いろいろな項目から考え、絞り込む必要があります。

  • 天気、風、水質、水深、水温、地形
  • 季節、時間帯
  • スピード、レンジ、アクション
  • アピール度、カラー、サイズ

 

その時の『魚の活性』を意識しながらルアーを選択することで、ヒットパターンを見つけ出すことができるはずです。

 

一つのルアーだけでひたすら投げ続けているだけでは、なかなか初心者から脱却することできません。釣れなくても構わないので、その時どんなルアーでは釣れなかったのかを知ることが上達への近道だと思います。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210328083701j:plain

 

と言われても、初心者(私も)どうすればいいかわからないと思います。

過去の五三川の釣果を調べ、おすすめルアーを厳選しました。

 

釣れる人はどんなルアーを選択しているのか?

 

ぜひ参考にしてみてください。そして、なぜそのルアーが釣れるのか考えてみてください。

 


 

 

 

岐阜県 超メジャーフィールド 五三川

釣果実績有り 釣れるルアー(3月4月)

 

ミノー   

 

DUO(デュオ) ワーム レアリス ロザンテ 63SP GAタイガー CCC3263

DUO(デュオ) ワーム レアリス ロザンテ 63SP GAタイガー CCC3263

  • 発売日: 2019/02/01
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

 

 

シャッド 

 

 

 

DUO(デュオ) ルアー レアリス ロザンテシャッド57MR イナッコ CCC3237
 

 

クランク  

 

 

 

バイブレーション

 

 

 

  

  

スピナーベイト

 

 

 

 

チャター

 

 

 

 

 

ビッグベイト

 

 

 

 

 

スイムジグ

  

 

  

 

ブレディー

 

 

ZAPPU(ザップ) ブレディー #3 1.8g ウィロー.
 

 

 

 

フリーリグ

 

 

 

 

 

テキサスリグ

  

 

 

ジグヘットワッキー

 

DUO(デュオ) ワーム レアリス リグルクローラー4.8インチ F031 ミミズ
 

 

 

 

 

ネコリグ

 

 

 

 

 

ノーシンカー

 

 

 

 

 

ミドスト

 

 

 

 

 

 

最後に

 状況に応じてルアーローテーションをすることで、自分の思った通りのルアーで釣ることができれば、『釣れた→釣った』となり、うれしさが倍増するはずです。考える釣りを実践してみてください。

 

 

カバースキャット代用カットフルスイング5インチ


最近、琵琶湖で流行っている釣り
デプスのカバースキャット

これを使ってやる釣りは、デプス冨本プロが広めてる釣りです。


おかっぱりでも使えるのではないかということで、野池・リザーバーで応用してみたいと思います。

 

 

 

カバースキャットの釣りをフルスイング5インチのテールカットで代用する方法


RAED JAPANから紹介していた釣りは、フルスイング5インチのテールを切ってカバースキャットの代わりにするものです。

人気でなかなか買えませんからね。


シャッドテールならなんでもいいのでは?

重さが重要で、10g前半のものが多い中、フルスイング5インチだとテールカットで17gある。

ネイルシンカーを入れる釣りではなく、ノーシンカーでふわっとさせたい。

また、飛距離を出したいので、この重量感がほしい。

 

カットフルスイング

カットフルスイングの使い方

①投げたら、リールを巻いてラインを真っ直ぐにしてやる。

通したいコースをナチュラルに引けるため

 

②そしてルアーを沈める(ラインを送りこんでいく)
何時ボトムに着底したかわからない人は、ラインの動きをしっかり見ている事。
出ていくラインがどこかでピタッと止まるところがある。

 

③着底後もラインがまだ沈みきっていないので、完全にラインをボトムに這わせる。


④その後は、基本的にずる引き

竿先を下げてゆっくり竿を横に動かしていく。
何か引っ掛かりを感じたら、そこで止めてやる。

 

⑤軽く誘ってやってもいい
2、3回のトゥイッチ(水中ドッグウォーク))

水深の浅い所では軽いアクションでもルアーがしっかり首を振って動いてくれる。

 

 

バス釣りスポット



春になってバスがどんどん岸に寄ってきているときは、結構食いが渋いことがある。


シンカーがついているテキサスやラバージグ、フリーリグ
喰うけどシンカーの違和感で離してしまうこともある。


ステイ時間がこの釣りの一番のキモとなるので忘れないでほしい。

 

ノーシンカーの釣りが苦手な人にありがちなこと

ずる引いた後、ラインを張ったまま沈めようとする。

本来なまめかしくゆっくり落ちていくはずが、カーブフォールのように突っ張った感じになってしまい、中々沈んでくれない = 沈むのを待てない


ずる引いた後はロッドをもとの位置に戻すラインをたるませること

単純な作業ではあるが、できないと釣果に大きく影響してしまう。

たるませた後は、適度にリールで巻き取り適度にたるみを残してロングステイ。

これを当たり前のようにできるようになってください。

 

コンと当たったらしっかりラインを送ってやること
すぐ引っ張ってしまうのバスが違和感を感じ、離してしまいます。

おかっぱりの出しどころ

  • 野池や川で対岸まで飛ばしたいとき(飛距離を出したい)
  • 根掛かり多発ポイント(シンカーがあると岩に引っ掛かる)
  • 遠くの深い所(水深10mあるところでもOK)

カットフルスイングの作り方

必要なもの

  • フルスイング5インチ
  • ハサミ

 

 

 

①ワームを引っ張る

カットフルスイング

 

②リブの一番最後のミゾでリブに沿って、お腹側と背中側で2回に分けて切る

カットフルスイング

カットフルスイング

フックのおすすめ

ノガレス フッキングマスター
サイズ 5/0 番

 


③刺すときはカットした方から、上下の向きは普段ノーシンカーで付けるときと同じ

真ん中よりちょっと上から刺して

カットフルスイング


④リブ4個目から抜く 

カットフルスイング

 

フックのアイと結び目をワームの中に埋めるため

結び目が左右に動きづらくなるため、回収の時に回転するのを防げる。

カットフルスイング

 

⑤最後にフックを抜くときは、背中側のスリットの中でキレイに抜くことで、針先がスリットの中で隠れるから根掛かりを低減してくれる。

 

カットフルスイング

 

これで出来上がり

タックルセッティング

ロッド

7フィートクラスで、MH or H のロッド

 

リール

XH(エキストラハイギヤ)
ラインスラッグを出している状態から巻合わせになるので、合わせるときに素早く巻き取りたいため

 

ライン

16lb~20lb フロロカーボンライン
早く沈めてやるため

 

最後に


琵琶湖で流行っている釣りですが、おかっぱりでも通用すると思います。
濁りが入れば魚が岸によってくれるので、より釣りやすくなる。
根掛かりの少ないルアーなのでカバーをタイトに狙っていきましょう。

 

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com