バス釣り初心者 fishman-takasan-blog’s 

バスフィッシング初心者が上達するためのブログ

バス釣り キャッチ率を上げるフッキングのコツ

バス釣り初心者がやってしまいがちなダメなフッキング
今までバラしていた魚のキャッチ率を上げるため、フッキングのコツを紹介します。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210117115835p:plain

 

 



力いっぱい合わせてるだけみたいな人をよく見ますが、それは間違いです。

一番フッキングで何が大事なのか。(テキサスリグなどの話)

※巻物はむこう合わせでかかってしまうので別。

 


下手くそなフッキングとは?

食った瞬間竿を下げてすぐ上げる人。

何か駄目かと言うと、ロッドを上げた状態でアタリを感じたとします。f:id:fishman-takasan-blog:20210117114910p:plain

 

その後、一旦ロッドを下げるのはいいんですが、その後すぐアワセをやってしまって、ラインを送れてないんです。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210117120304p:plain



フッキングするために助走をつけているだけで、意味のないフッキングとなっている。

ラインはゆっくり引っ張ればなかなか切れないけど、瞬間的な力をかけたら、結構簡単に切れちゃいます。それを自らフッキングで起こしてる。これがアワセ切れになる原因です。

 

上手いフッキングとは?

緩めてラインを送った後(しっかり魚に食い込ませて反転するのを待ちます)
ラインスラッグを取ります。

糸の弛みが取れるまで巻き取って、魚の重みがのってから、そのまま巻きながらアワセる。

素早くバチッと叩くのではなく、長いストロークグーンと引く感じで。

 

間違った知識 

フッキングで一発で上あごを貫通させるって言う人がいますが、デカいバスは骨が固すぎて貫通しません。

釣り上げた時に貫通してるのは、フックングで貫通したのではなく、バスとアングラーが引っ張りあってぐいぐい貫通するっていうイメージです。

 

一発で貫通させようと思うとラインが切れるか、ブックがダメになるかどっちか。

大事なのは初期掛かり。

 

水深でフッキングの角度が変わります。

  • 深いところは上にアワセます。
  • 浅いところは横にアワセます。

 

さらに言うとロッドの硬さが違うので
どこで一番パワーが出るのかも考えておく必要があります。

 

 

ライン種類別の特性

ラインは伸びます。

  • PEラインは1%未満

   1mの長さで伸びるのは1cm未満

  • フロロカーボンラインは10%

   1mで10cm伸びるということです。
   例えば30mキャストしたら3mも伸びるわけです

   3mも伸びたらたるんだままでダメなフッキングしたら、のりません。

  • ナイロンはなんと30%も伸びます

   30m投げたら9mも伸びるんですよ

 

点でアワセるのではなく、線でアワセるイメージです。

 

おさらい

  1. 当たりを感じる
  2. ロッドを下げてラインを(たるませ)送る(一呼吸置く)
  3. すぐアワセるのではなく、魚の重みを感じるまで巻く
  4. 巻ながらバチッではなく、グーンと線でアワセる。


これで今までばらしていた魚をキャッチできることに
なると思います。

 

最後までご覧いただき有難うございました。

 

バス釣り ダウンショットリグ シンカーの選び方

 

ダウンショットリグにおいて、自分の使いたい状況に適したダウンショットシンカーを選び、ルアーのポテンシャルを最大限に引き出すことができるようにするための、大切な情報やおすすめシンカーを紹介します。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210109165124j:plain

 

 

 

 

根掛かりで悩んでる人

そういうときは、結構シンカーが原因だったりします。

 


f:id:fishman-takasan-blog:20210116084427j:image

 

 

『基本ダウンショットシンカー』

形状は3つあります。

  1. ラウンドタイプ
  2. スティックタイプ
  3. ティアドロップタイプ


それぞれの特徴を解説。

1. ラウンドタイプ

  • 丸型の形状
  • 水の抵抗を受けやすい形状
  • フォールに時間をかけたい場合おすすめ
  • ボトムとの接地面積が大きく感度が良い
  • 地質や障害物に対して認識がしやすい
  • 着底した時ラインが引っ張られにくく、動きにくい。
    その場で止まってくれるので、ナチュラルアクションを演出することがでる。

 

【デメリット】

  • 根掛かりがしやすい
  • 丸いことで隙間に入りやすい

2. スティックタイプ

  • 棒状のシンカー
  • 根掛かりがしにくい
  • すり抜けしにくい立木とかに効果的
  • 水の抵抗は圧倒的に少ないので、フォールスピードを早めたい時に適している

 

【デメリット】 

  • 着底でシンカーが倒れこみ、ワームの位置を移動させてしまう。

.

3. ティアドロップタイプ

  • ティアドロップ=涙型(円すい形状)
  • スティックとラウンドの中間形状・性質

 

◎フォールスピード、感度、根掛かり回避< Br > 狙いたい場所、フィールドによってタイプを使い分けるのが良いと思います。<

 

『ダウンショットシンカーおすすめ4選』

① モーリス ノガレスタングステンシンカー

TGグレネードダウンショットシンカー

  • クイックチェンジャーとなっているフリーリグとしても使えます。
  • カバーのすり抜けがよく、しっかり底をとってくれる。
  • 地質がわかりやすい。
  • ある程度重さのあるものを使ってあげたい時にこれを使う。ごちゃごちゃした所
  • 形はティアドロップタイプ
  • 根掛かりが少ない。

 

② ジャッカル タングステンカスタムシンカー

  • スティックタイプ
  • ラウンドアイ(ライン結ぶところ丸い)
  • ラウンドアイタイプなのでフリーリグにも使える。
  • ダウンショットだけじゃなくていろんな使い方が出来る。汎用性が高い。

 

③ リューギ DS デルタシンカー

  • スティックタイプに近いが、ディアドロップ的な要素もある三角形状
  • スティックタイプのデメリットをかなり軽減。 三角状の形状で水に引っ張られにくいメリットがある。

 

④ザップ ピンフリーショット

 

  • フリーリング専用で開発されたもの。

 ダウンショットシンカーとしても使える。

  • 三角形状だが、早いフォールでしっかりボトムに落ちてくれて、転がらない。
  • 一定の場所で誘い出せる。
  • ピンスポットをしっかりキープして狙うことができる。
  • 色はマット仕上げ
  • ボトムで違和感を与えない。光に反射しない

『ダウンショットリグのシンカーの重さの選び方』

シンカーの重さは結構適当に選んでしまいがち。

ダウンショットでしっかり厳しい時期に魚を狙っていくためには、細かい部分の使い分け、選び方が非常に重要になる

 

特にダウンショットについては、ライトなワームを使うことが多いので、微妙な重さの差で大きくワームの動きに影響して釣果にも直結してしまう。

 

同じダウンショットリグでもかなり特性が変わってくる。

ダウンショットのシンカー重さを適切に選ぶことで、狙いたい状況や動かしたいアクションを再現させる。

 

ダウンショットシンカーの重さは下が0.9g
上は重くて10g 程度くらいが標準的

 

一般的なフィールド(おかっぱり)で大事になってくるのは、タックルに合わせたウエイトをチョイスしてあげるのが大事。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20210109172313j:plain

 

スピニングタックルであれば0.9~3g

 ラインは、3~5ポンド

ベイトタックルでは3.5g以上の重さ。

 ラインは、6~12ポンド

 

ダウンショット本来のアクション、操作感や底を取る感覚は、これが基準となる。

もし自分が使っているタックルに対して、この基準が大きく外れているのであれば、見直す必要がある

ベイトだとキャストできないとか、コントロールがしづらいという時点で、基準から外れていると考えていい。

 

【スピニングタックルの場合】

基準となるのが、だいたい1.3~2g 

フォールスピードやアクションのクイックさは、結構変わってくる。

クイックに動かし、反射的に魚の口を使わせたいときは重くして3g
ナチュラしたい場合、軽くして0.9g

繊細に使う場合、ウェイトを軽くすることナチュラルになるだけじゃなくて根掛かりを軽減することができる。

すぐロストしてしまうことが多い場面であれば、リップラップだったり岩場とかは、軽くしてあげる。

f:id:fishman-takasan-blog:20201121160446p:plain

大前提としてしっかり底をを感知できるウェイトであることが非常に大事。

 

水深が深い場所

5m とかぐらいあるところに対して軽いウェイトを使うと何をやってるのかわかりにくい。フォールはしっかりしてくれて、着底したのはわかっても、そこからのアクションで何やってるかわかないと意味がない

 

ダウンショットリグに慣れていない人は底をしっかりとれる重めのシンカーからチャレンジするといい。

 

底を狙っているつもりが、実際は中層を泳がせてしまっているといったことが十分にありえる。

 

慣れてきて徐々にウェイトを書く軽くしていくか、浅い場所でノーシンカーを使い水中をイメージする。足元で、どれくらいの重さでどう動くかイメージしておくのがいい。

 

タングステンシンカーは軽く感度がいい

鉛シンカーより値段は高いが地質を感知しやすくなる。

『最後に』

冬など厳しい時期が続く中でダウンショットリグは、結構強い味方になるので、シンカーの種類・ウエイトを抑えて釣りに行くと釣果に恵まれるのではないかと思います。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

気になる記事 リンク先 ↓↓↓

最強リグ フリーダウンショットリグとは?

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

デカバスを釣るために知っておきたいこと 

子バスしか釣れないあなたへ

デカバスを釣るために

知っておきたいことをお伝えします。 

 

 

琵琶湖のビッグバスパターン99 (別冊つり人 Vol. 513)

琵琶湖のビッグバスパターン99 (別冊つり人 Vol. 513)

  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: ムック
 

 

 

 

 

1.一日を通してバスがどのように生活しているのか。バスの習慣は?

f:id:fishman-takasan-blog:20201025225445j:plain

 多くのシーズンで、朝夕に餌を食べて

 いるが、冬は毎日餌を食べる

 わけではない。ほぼ食べてない。

 ほぼ動かないので、それなりの釣果と

 なってしまう。

 

2.子バスしか釣れないデカバスの釣り方

 f:id:fishman-takasan-blog:20200925213304j:plain

 子バスの釣りをやっているから。

 釣れる釣りをずーっと繰り返していくと

 結局ちっちゃいのが先に反応して

 ずっとデカイのが釣れない。

 ※もちろんデカバスが混ざることはある

 

 なので、子バスが釣れた釣り

  はやめる。

 琵琶湖で基準決めるとするなら

 40cm以下が釣れる釣りはもうやらない

 というふうに決める。


3.野池やリザーバーのメインベイトはどう調べればいいか?

 f:id:fishman-takasan-blog:20200925213511j:plain

 上流にヒントがあったりします。

 アユがいたりとか、オイカワがいたり

 ハスがいたり。複数のベイトがいるとき

 は、そのときバスが何をメインに

 食べてるのかを調べます。

 一番バスにとって無駄に体力を使わず

 追いかけずに食べられる餌っていうのが

 いい。

 特徴的なのが待っているだけで落アユが

 流れてくるとか。

 ベイトの産卵期が違ったりとか

 夏の手前にエビが産卵して岸に寄って

 くるとか。そういったことを意識すると

 いうことが大事になっています。

 


4.ソウルシャットの種類、違いは?

[rakuten:point-eastjapan:16363441:detail]

 絶対に忘れちゃいけないのが58SP

 これが一番大事です。

 これに対して52とか68っていうのは

 サイズ違い。

SR:シャローランナータイプ 浅く潜る

DR:ディーププランナー 深く潜る

 

 種類を水深別とか餌の大きさとかに

 応じて使い分けるのがソウルゲーム

 迷ったときはとにかく58SP


5.PEラインは音鳴りする?

 PEは編み込んでいる糸で、表面がザラザラ

 していて、これが水中に入ると

 バスは聞こえている。


 バスの体についている側線っていう部分で

 振動を感知する機能があって、これがPE

 ラインのデコボコが水の中を通るとバスは

 感じてしまう。

 

 フレッシュな状態のパスであったり、又は

 テンションが上がりきってデメリットに

 ならないという状況で、絶対に PE の強さ

 が必要なシチュエーションだってある。

 

 パンチングする時は適当にPEを選ぶことは

 絶対にしない。PEの強度じゃなければ、

 フロロカーボンでは話にならない
 ナイロンも話にならない

 そんな時にPEラインじゃないと絶対ダメだ

 ってときだけ。


 表面がザラザラしてるほど、ギーギー

 のこぎりみたいな音がする。

 これがなめらかな表面だったら音が

 あんまりしないので、表面のつるっと

 したラインを選びます。


 ギーだと食わないというバスが絶対いる。

 

 サイトで PEラインでアプローチしたら

 バスが散る。

 水中での糸のインパクトっていうのが

 通常のナイロンラインやフロロカーボン

 のラインに比べてPEの方がある。


 クイックなキレのあるアクションが絶対

 必要だとPEの方がダイレクトに伝わるから

 アクションがより細かく伝わる。

 

 絶対必要だっていう時はPEには勝てない。

 

[最後に]

知識・釣り方・ノウハウみたいなものを知れば

上達するっていう世界が必ずあるので、みなさん

も頑張ってデカバスを狙っていきましょう。

 

最後までご覧いただき有難うございました。

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

 

冬のバス釣り、釣れる時間帯は? 

冬のバス釣り、釣れる時間帯について

青木大介さんと金森隆志さんの

解説を参考に、私の経験も交えて

説明していきます。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201230151806j:plain

 

 

 

 

 

 

 

『よくある質問』


■冬の釣りのおすすめ時間帯は?

■冬でも朝夕のフィーリングはある?

 

 

『私の回答』

野池はバスが溜まっているエリアで

時間かけて釣る。

 

ヘタにいろんな場所に転々としても

釣れないというイメージがあって

朝一から10時ぐらいまでやった時に

同じように投げたおして、釣れるが

だいたい9時から10時っていう

パターンがよくあります。

 

それはなぜかというと

私のイメージですけど

きっかけが多かったことです。

  

・山から日が入ってくるタイミング。

・風が吹くタイミング。

 

その要素(きっかけ)があって

目の前を通して無視してた奴が

パッと口を使う。

食いが立ったっていうことです。

 

 

『青木大介さんの回答』

冬もバスフィッシングは成立します。

決してオフシーズンではありません。

バス釣りは一年中通して楽しめます。

※但し、ノーフィッシュ・ノーバイトも

 当たり前。

 

冬を攻略する上で最重要項目となるのは

水温の高さではなく水温の安定

 

より高水温が安定している場所な良い。

 

特に夏のパターンと真逆となるのが

水の動きがない場所。

 

場所を見つけるのが一番大事です。

越冬する場所


忍耐ですが見つけてしまえば

その冬を楽しめてしまう。

 

低水温のフィールドほどチャンスは少なく

逆に最低水温が高ければ、地合いの

タイミングも拡大します。

 

朝夕のタイミング。


これは各シーズン共通ですが

冬場に関しては1年では最も強烈に

朝夕に食いが集中します。

朝夕のフィーディングがある。

 

日が傾くまでノーフィッシュで

夕方に連発なんてことも経験している。

 

冬の朝マズメ、夕マズメというのは

中途半端な時間帯ではなく

本当のマズメ時間限定。


具体的に言えば朝は6時~7時

夕方は4時~5時

ゴールデンタイムです。

※半端な時間帯は休憩しても構いません。

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201230151328j:plain

 

 『金森隆志さんの回答』

少しでも水温が上がる午後

のほうが、もちろん可能性は高くなる。

ただそれはあくまで基本的な考え方。

 

朝まずめの方が釣りやすい条件というのも

出てきます。

 低水温になると水がクリアップする

そうして太陽が当たるとバスは

日差しをより嫌う傾向にあります。

 

晴れる日であれば一番のローライト

というは朝マズメです。

 

 

クリアなところへ行くより、マッディで

色が着いた水が釣りやすいと

よく言われます。

 

クリアなとこになってくると冬だったら余計に

クリアになるし、ローライトの方が水が濁りが

入ってたのような思いにさせることができる。

 

これ逆に水温が上がっていくにつれて良くなっ

ていくフィールドっていうのも存在します。


それは特徴のないプアなフィールド

例えば皿池

冷え込みから逃げられる場所も少なく

濁りが入った場所は、朝だからローライトで

濁りが入ったような気分になるとかっていう

のはないから、一概に朝がいいわけじゃない。

 

そういうところでは、水温が上がった午後

のほうが可能性がある。

 

 

『結論』

2人の意見がまあ同じとこもあるし

ちょっとバラバラな部分はある。


朝マズメも夕マズメもある。

 その時間釣りした方がいい。


朝マズメが水がクリアなところでは強い。

 逆に皿池とかマッディーなところ

 ステインウォーターなところっていうのは

 逆に朝マズメとかよりも昼の温まった

 タイミングで狙うのがベスト。

 

 ・朝イチはクリアーなとこ行って

 ・昼のあったかい時間が濁ってるとこ行って

 ・夕方クリアのとこ行くという釣り方をして

  おいたほうがいい

 

越冬場っていうのは水温が最も安定する

 場所のこと。

 例えば皿池へ

 一番ディープに近い変化なる護岸沿い

 そこに集中します。

 ※ストラクチャーもある。

  複合的な要素があるということ。


■リザーバーで言うならばワカサギやオイカ

 これらの溜まるスポット見つけられた時点で

 そこに集中して釣りをすればいいんです。

 

 

以上、参考になりましたでしょうか?

他にもバス釣りに関する知識をブログに書いています

ので、見ていってください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

バス釣り初心者入門[事前準備]

バス釣り初心者の方に覚えておいてほしい

バス釣り事前準備の内容を紹介します。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201029225423j:plain

 


 

 

初めに知っておいてほしい事は

バスの釣り方について

小魚、ザリガニ甲殻類、虫やカエルなんかも

捕食していて、それらに合わせた小魚に近か

ったり、エビやザリガニに近かったり、虫や

カエルに近かったりといったルアーを操って

バスを誘います。

 

 

f:id:fishman-takasan-blog:20200920185709j:plain

 

 

[バス釣りに使う道具]


①ロッドとリール

f:id:fishman-takasan-blog:20201228185345j:plain



竿のことをロッドという言い方をします

2種類あって

■スピリングロッド

■ベイトロッド(トリガーのついたもの)

 

これらに合わせるリールも2種類

■スピニングリール

■ベイトリール

 

タックルという言葉は

道具全般を指す言葉で

ロッドとリールを組み合わせた状態で

ベイトタックル、スピニングタックルと

いった言い方をします。

 


スピニングはすぐに投げれるようになる

ということと、軽めのルアーをキャストする

のに向いています。


ベイトバックラッシュがつきものです。

しかし、正確なキャストを決めやすい。

そして、比較的重めのルアーに向くことと

力強い巻き取りができます。

 

 


ベイトとスピニングは使うルアーや釣り方に

応じて使い分けます。

 

 


バス釣りを始めるための最初の一歩として

まずはスピニングタックルを紹介。

 

 

その理由として、すぐに投げやすいこと。

そして汎用性が高いので、バス釣り以外

にも応用が利くからです。

 

 

スピニングロッドの長さ

6フィートから6フィート半

 


硬さライト(L)から

ミディアムライト(ML)

くらいがスピニングタックルで扱うルアーの

汎用性が広くていいと思います。

 


合わせるスピニングリール

2500番がちょうど良いです。

 

 

糸巻き量が十分にあるので、これ以上大きく

する必要性もほとんど無いです。

ロッドとのバランスもちょうどいいです。

 

 

②ライン

f:id:fishman-takasan-blog:20201008224647p:plain



バス釣りでは糸のことを ライン

言います。

ラインには3種類あります。

ナイロン、フロロ、PE

最初に選ぶラインとしてオススメなのは

ナイロンです。

 


■しなやかなので糸がらみが少ない。

■比較的安価である。

 

太さ6ポンド前後

ポンドで表記されることが多くて

6ポンド前後が最初のラインとしては

ちょうどいいと思います。

 

③ルアー

f:id:fishman-takasan-blog:20201121160358j:plain

ルアーにはハードルアー

ソフトルアーというものに

分けられます。

 

ハードルアーはその名の通り硬いもの。

スカートのついたスピナーベイト

ハードルアーに含まれます。

 

 

一方のソフトベイトは柔らかい。

ワームという呼び方が一般的です。

 

 

ハードルアーソフトルアーの使い分け

 

どちらかというとハードルアー

常にリールのハンドルを巻き続けて

泳がせるタイプが多いのに対して

 

ソフトルアーは、ちょこちょこっと誘いを

かけたり、落とし込んでアタリを

取ったりといった、ハードルアーに比べると

スローな使い方で誘うことが多いです。

 

ソフトルアーには針が付いてませんので

これ単体では使えません。

針(フック)、重り(シンカー)を

組み合わせて使います。

 

さまざまな仕掛けのバリエーションがあり

仕掛けもリグという呼び方をしています。


■スプリットショットリグ

■ジグヘッドリグ(フック・シンカー一体)

■ダウンショットリグ

■テキサスリグ

■フリーリグ

■キャロライナリグ

 

ルアーには本当にたくさんの種類があり、

なかでもスピニングタックルで扱いやすく

初心者の方にお勧めルアー

として

やや小さめのクランクベイト
またやや小さめスピナーベイト

がおすすめです。

 

どちらも投げて巻くだけでバスを誘って

くれます。

 

クランクベイトは巻くとボディーを振って

ブルブルしながら誘ってくれる。

 

スピナーベイトはブレードと呼ばれる

金属片がクルクル回転して、スカートも

細かく震えて魚を誘ってくれる。

根掛かりにも強いです。

 

ソフトルアーですと
一つはこのグラブというタイプ

カールしたテールが巻くだけで

ただ横にさばくだけで泳いでくれる


もう一つが対照的に

ストレートワーム

こちらは釣り人がちょこちょこっと

誘ってあげることで、クネクネと動いて

バスを誘ってくれます。

 

④バッグ・小物類・安全装置


ここまで紹介したタックル以外にも

あるといいいうアイテムを紹介。


釣りに特化したデザインのバッグ


ルアーとか針、オモリも収納しやすいだけ

じゃなく、プライヤーホルダーなんかも

専用でついていて取り出しやすい。


プライヤーもぜひ備えてもらい。

例えば魚の口についたフックを外すときに

取りにくい時がある。

安全かつ速やかに外れる。


ハードルアーについているトリプルフック

これを素手で交換すると、ちょっと危ない。

手が滑って刺さっちゃう時があるので

それもプライヤーでやると安全です。

 

安全面というと欠かせないのが

ライフジャケット


万が一、落水の時に体を浮かせてくれる

ぜひ身につけてもらいたいと思います。

 

ベルトにラインカットを付けると便利。

結構頻繁にルアー交換でラインカット

すること多いので、すぐに取り出せる

と便利です。


偏光グラス

[rakuten:point:12493059:detail]


バスを観察することがとても大事で

そのものを見つける場合もあれば

バスが好む障害物を水面の反射を抑えて

見やすくすることで見つけられる

釣果に直結するアイテムです。

 

例えば根掛かりして、どうしても最後

引っ張らなきゃいけないときに

ルアーが飛んでくることがある。

その時にも偏光グラスで目を守る役割も

あります。

 

同じくそんな時にキャップもあると

頭を守ってくれます。

ツバが付いていることで日差しを抑えて

偏光グラスと相まってより水中を見やすく

してくれるという効果もあります。

 

こういったものも備えて挑んでもらえると

とても釣りがしやすくなります。


⑤リールのハンドル向き


スピニングリールはハンドルの向きが左右

付け替えが可能です。


使いやすい方で良いと思いますが、例えば

右利きの人で右で細かな操作するっていう

ことを優先するのであればハンドルは左で

巻きたい。

交換できますので、ハンドルの反対側に

キャップが付いてますのでを外します。

f:id:fishman-takasan-blog:20201228173950j:plain





このハンドルを本来バック方向とは逆向き

回すと外れます。

反対側にハンドルを入れて今度はこれ巻く

方向に回していて、キュッと締めれば固定

されます。

キャップを逆側に入れて回せば、左右の

付け替え完了です。

 

 


⑥リールにラインを巻く


リールにラインを巻きます。

釣具屋さんでリールを購入した時に

初めからラインがついているものも

あります。

 

釣具屋さんで巻いてもらうこともできます

が、ラインは定期的に交換するものですの

で、正しい巻き方をぜひ覚えておいてくだ

さい。

 

ラインを巻くときにはロッドにリールを

セットした状態がやりやすいです。

 

リールから一番近いガイドと言われる

穴にラインを通した方が、ラインが

暴れずに巻きやすいです。

 

ベールを返したら、スプールと言われる

リールに糸が巻かれる部分に結びつけます。

 

スピニングリールの場合このスプールの

中に凹みがあります。

役割は結び目を埋め込んでくれる。

きれいにラインを巻きやすくなります。

結び目の余り糸はギリギリまでカット

した方がいい。

ライントラブルがより少なくなります。

 

結び方はユニノットがおすすめ。


ラインにの巻き付けは、2人いると

やりやすいです。

 

ペンを新品のラインに挿した状態で

相方さんに持ってもらうと、ほどよい

テンションで綺麗にリールにラインを

巻き込むことができます。

 

巻くときに自分の指でもラインを挟んで

(摩擦が気になる人はティッシュで挟んで)

テンションをかけるとより綺麗に巻けます

 

糸巻量が適切であることも快適に釣りを

する上では大切です。

スプールの内側の角から並行ぐらいが

ちょうどいい。

これより巻き過ぎてしまうと糸が

ドバッと出て絡んでしまう。


以上のことを頭に入れて

タックル準備をしてください。

 

フリーダウンショットリグとは? バス釣り

バス釣りにおいて、たくさんのリグが存在している。
人気のフリーリグ、ダウンショットリグのいいところを合わせた、その名もフリーダウンショットリグを紹介!

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201218195800j:plain

 

フリーリグとは、オフセットフックにナス型のシンカーをつけたもの。

 

シンカーはラインに通しているだけなので、キャスト後、シンカーは先に沈み、シンカーから離れたワームが後からついてくる。

 

シンカー着底後にワームがフリーとなり、ノーシンカー状態となるのが特徴。

 

ダウンショットリグとは、フックの下にライン&シンカーがあり、ワームを底より少し浮かせた状態をキープできるのが特徴。

 

その2つを一度に出来てしまうのが、フリーダウンショットリグ

 

 

【リグり方】f:id:fishman-takasan-blog:20201218200105j:plain

ダウンショットのライン先端をフックに結ばずに、スイベル等を使ってフリーリグのようにラインに通すだけ。

 

※オフセットの結び目の余りラインは長めに切ること。

 スイベルのアイが結び目を超えてしまうと引っ掛かってフリーにならなくなる。

  

たったこれだけの工夫で2度おいしいリグとなる。

 

【アクション】f:id:fishman-takasan-blog:20201218195929j:plain

  • キャスト後はフリーリグのようにシンカーとワームが離れて、フリー状態(ノーシンカー)となり、ゆっくりフォールする。 ※シンカーがダウンショットのライン分、早く着底するので、より高い位置からフリーフォール状態がつくれる

 

  • ラインを張ることで、スイベルがワームと一体となりダウンショットリグの状態となる。この状態でシェイクするもよし。

 

  • 又は、ワーム着底状態からしゃくりあげ、再度フリーフォール。フリーリグはシンカーがワームの前にあるので、それほど高く跳ね上がらないのに対しフリーダウンショットリグはシンカーとワームが元から離れているので、跳ね上がりやすく、フリーフォールの時間を長くとれる。

  

f:id:fishman-takasan-blog:20201218200045j:plain


【最後に】

バスが底に張り付いているのか。そうではなく少し上にいるのか。このリグで一度に探ることができるので、きっと今までより早くバスのいるレンジを発見することができるでしょう。一度、お試しあれ!

 

 

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

バス釣り初心者が知らないこと 冬バスを釣るための知識&おすすめルアー

冬バスを釣るための

知識&おすすめルアー

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201206105501j:plain

 

冬バスを釣るために知識とは?


水温低下で動きが鈍くなったバスは

底でジッとしている事が多い。

f:id:fishman-takasan-blog:20201206103408p:plain

 

1日の中で、お昼が日が一番高く

水温が上昇しやすいので

最も釣れやすいと言える。

f:id:fishman-takasan-blog:20201206103439p:plain

 

また規模が小さい場所(フィールド)の方が
釣りやすい。

野池の方がバスがいる場所がわかりやすい。

 f:id:fishman-takasan-blog:20201206105342j:plain

 

冬バスを釣るキモは?

バスのいる目の前にルアーを通すこと!

 

f:id:fishman-takasan-blog:20201206103628p:plain



詳しく解説。

 


おすすめルアーは?

◆メタルバイブ

 遠投して

 底をずる引き、リフト&フォールして
 根掛かりするスレスレを狙う。

 (水面に上がっているバスは少ない)

 ダブルフックに変更などもおすすめ。


 冬は底を狙うので、ルアーをロストする

 確率が高い。
 安いメタルバイブがおすすめ。

[rakuten:point:12441435:detail]

 

その他おすすめルアー
 ・デラク
 ・レベルバイブブースト
  ※5gで、フォールスピードを遅くした方が

   反応しやすい。

[rakuten:fishing-you:10042793:detail]

[rakuten:point:12380787:detail]

  


◆シャッド

 冬はバスの周辺に虫やザリガニが

 居なくなるので

 小魚系のルアーを選択する方がいい。

 ※ワームは最終手段として考えるといい。

 

 バスの動きが遅いので
 サスペンドタイプを選んで、バイトする

 時間を与える。

 バスの上を通過させても反応がないので
 目の前を通過させるイメージ。

 レンジを合わせることも重要である。

 

[rakuten:fto-r:10083519:detail]

[rakuten:fto-r:10036544:detail]

 

◆ビックベイト

 バスのスイッチを入れるのに有効。

 なるべく沈ませた方がいい。

[rakuten:54tide:10063941:detail]


◆ラバージグ

 ボトムバンピングで狙う。

 底を引いてくるので、根掛かりしやすい。

 ガード付きのものを選ぶといい。

[rakuten:fishing-you:10074915:detail]

 

 

【最後に】
なにより冬バスは釣れた時の感動は大きい

と思います。

一発、デカバスを狙うなら冬に挑戦してみる

のはいかがでしょうか?

風邪をひかないように暖かくして

出かけましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com

 

 

fishman-takasan-blog.hatenadiary.com